Simeon Panda(シメオンパンダ)についてのまとめ VANQUISHアスリート第二弾

こんにちは。今回は世界一綺麗な筋肉の持ち主と言われるSimeon Panda(シメオンパンダ)について紹介したいと思います。

シメオンパンダとは

イギリス出身のボディビルダーです。端正な筋肉とルックスを持ち味にフィットネスモデルや自身のプロデュースのアパレルブランド「JustLift」経営をしています。

【基礎情報】
体重:103kg
身長:185cm
生年月日:1986年

シメオンパンダのInstagram
シメオンパンダのプロデュースブランド

シメオンパンダの肉体や腕の太さやベンチプレス、デッドリフトについて

非常に大きな筋肉ですが、パワーも凄まじいです!

引用:Instagram

Instagramにてデッドリフトを275kg*3レップされています。

引用:Instagram

腕の太さは50cm!?Youtubeに上腕の太さは50cmだと紹介されています。

引用:Instagram

スクワットも軽々こなしています。引用リンクからスクワット動画を見れます。

引用:Instagram

プレートの重量が鮮明に見れないので正確な正確には不明ですが、
・プレート1枚25kgの場合:170kg
・プレート1枚20kgの場合:140kg

パワーも肉体もフルスペックですね。

シメオンパンダの経歴について

ウェイトトレーニングを始めたのは16歳の頃だったそうです。日本だと高校1年生ぐらいですかね。

ダンベルを買って自宅でトレーニングをしていたようです。

さらにトレーニングにハマっていき、ボディビルを志すようになります。そこから解剖学や栄養学を学んでいきます。

そして、ボディビル大会やマッスルマニアなどの大会で活躍します。

シメオンパンダのトレーニングメニューについて

彼はトレーニング前に念入りにウォームアップを行ってからトレーニングを開始するようです。扱う重量が高重量な為、怪我防止やモチベーションアップが考えられます。

停滞を避けるべく定期的にメニューを変更し刺激を与えているようです。最低でも2〜3ヶ月程度メニュー変えるようです。

大胸筋のメニュー

  1. ベンチプレス:1~20レップ 8セット
  2. インクラインベンチプレス:1~20レップ 8セット
  3. ケーブルフライ(下胸):6〜20レップ 8セット
  4. ケーブルフライ(上胸):6〜20レップ 8セット

大腿筋のメニュー

  1. レッグエクステンション:20レップ 3セット
  2. スクワット:4〜10レップ 8セット
  3. レッグプレス:12〜15レップ 8セット
  4. ライイングレッグカール:6〜20レップ 8セット
  5. カーフプレス&カーフレイズのスーパセット:20レップ 4セット
  6. ドンキーカーフプレス、カーフレイズのスーパセット:20レップ 4セット

広背筋のメニュー

  1. ベントオーバーロー 6〜20レップ 8セット
  2. ラットプルダウン 6〜20レップ 8セット
  3. シーテッドロー 6〜20レップ 8セット
  4. デッドリフト 6〜20レップ 8セット
  5. ダンベルロー 6〜10レップ 6セット

三角筋

  1. ショルダー・プレス 6〜20レップ 8セット
  2. ダンベルラテラルレイズ 6〜20レップ 8セット
  3. フロントレイズ 6〜20レップ 8セット
  4. バーベルシュラッグ 6〜20レップ 8セット

上腕

  1. ナローベンチプレス 6〜20レップ 8セット
  2. プリッチャーカール 6〜20レップ 8セット
  3. プッシュダウン 6〜20レップ 8セット
  4. ハンマーカール 6〜20レップ 8セット

備考

セット数にはアップを含む為、多くなっています。時期によってレップ数を変えて刺激を変えているようです。

上腕は二頭筋と三頭筋を交互にトレーニングし効率的に行っています。
トレーニングは週5〜6日行っているようです。

VANQUISHアスリート

彼はVANQUISHとフィットネスアスリート契約しています。彼もVANQUISHに愛用しトレーニング時によく着用されています。

VANQUISH 商品一覧はこちら

まとめ

個人的に非常に憧れの強いアスリートで、紹介出来て幸いです。彼がプロデュースするJustLiftもいつか当店で扱えればと思います!

 


      ランキングのご協力お願い致します!
      筋力トレーニングランキング
      筋トレのブログのランキング
      Vanquish fitness