カイグリーンの筋トレや食事についてのまとめ。指原莉乃さんも話題に!

皆さん、こんにちは!

山岸さんも出場を決めているMr.オリンピアの大会も近くなって来たので、今回はカイグリーンについてまとめたいと思います。

目次

  1. プロフィール
  2. カイグリーンの身長や体重について
  3. 大会実績
  4. ドキュメンタリー
  5. カイグリーンの生い立ち
    5-1. 幼少期から少年時代
    5-2. ボディビルの道へ
    5-3. ティーンチャンピョンへ
    5-4. 初のNPCコンテキスト出場
    5-5. プロカード取得
    5-6. プロリーグでの壁
    5-7. Back to ステージ
    5-8. アーノルドクラシックでの勝利
    5-9. ミスターオリンピア
  6. さらなる成功
  7. アーティストとして
  8. パフォーマンスアーティストとして
  9. ドキュメンタリー映画に出演
  10. 実業家しての顔
  11. カイグリーンのトレーニングについて
  12. トレーニングのポイント
  13. トレーニングメニュー
  14. カイグリーンの食事について
  15. バックアップダイエットの食事内容
  16. 大会前のダイエット食事メニュー
  17. カイグリーンの恩師について
  18. 指原莉乃さんもカイグリーンの名前を出し話題に
  19. カイグリーンのステロイドの使用について
  20. カイグリーンのウェアについて

プロフィール

カイグリーンのプロフィール

カイグリーンとは、プロ・ボディビル界の最高峰「ミスターオリンピア」で活躍するトップボディビルダーです。

「ザ・プレデター」として知られるカイグリーンは、現在のスポーツ界で最も偉大なボディビルダーの一人です。キャリアを通して数々の大会で優勝し、ミスター・オリンピアで上位入賞を果たした後、その信じられないほどの体格で世界中に広く知られるようになりました。

それだけでなく、2013年の興行ドキュメンタリー映画『ジェネレーション・アイアン』にも出演し、2015年には自身のサプリメントブランドを立ち上げました。

しかし、カイグリーンにとって人生は常に順風満帆ではありませんでした。
カイグリーンは6歳の時に孤児となり、青春時代の大半を児童養護施設で過ごしました。

今回は彼の人生についてまとめたいと思います。

カイグリーンの身長や体重について

カイグリーンの身長や体重について

名前 カイ・グリーン(Kai Greene)
体重 120〜124.7kg
身長 172.5cm
上腕周囲 55.88cm
胸囲 147.32cm
大腿 83.82cm
生年 1975年
国籍 アメリカ
職業 プロボディビルダー

 

カイグリーンとフィルヒース

カイグリーンのは身長は、172.5cmです。身長的にはフィル・ヒース(175cm)やジョイ・カトラー(178cm)に近い身長です。

大会実績

カイグリーンのボディビル大会の画像

  • 1994年 NGAアメリカン・ナショナルズ - 総合1位
  • 1996 WNBFプロナチュラルワールド - 1位
  • 1997年 NPCチームユニバース選手権 第2位
  • 1998年 NPCチームユニバース選手権 第3位
  • 1999年世界アマチュア選手権 - 6位
  • 1999年 NPCチームユニバース選手権 第1位(プロカード 取得)
  • 1999年世界選手権(スロバキア)4位
  • 2005年ニューヨーク・プロ - 第14位
  • 2006年 アイアンマン・プロ - 20位
  • 2006 ショーン・レイ・コロラド・プロ/アマ・クラシック - 第14位
  • 2007年ニューヨーク・プロ - 6位
  • 2007年キーストーン・プロ・クラシック - 3位
  • 2007年 ショーン・レイ コロラド・プロ/アマ・クラシック - 1位
  • 2008年ニューヨーク・プロ - 1位
  • 2008年アーノルドクラシック - 3位
  • 2009年オーストラリアン・プログランプリ - 1位
  • 2009年アーノルドクラシック - 1位
  • 2009年ミスターオリンピア第4位
  • 2010年アーノルドクラシック - 1位
  • 2010年オーストラリアン・プロ・グランプリ - 1位
  • 2010年ミスターオリンピア 第7位
  • 2011年ニューヨーク・プロ - 第1位
  • 2011年ミスターオリンピア 第3位
  • 2011年 シェルークラシック 第3位
  • 2012年ミスターオリンピア第2位
  • 2012年シェル・クラシック 2位
  • 2013年ミスターオリンピア 第2位
  • 2013年アーノルド・クラシック・ヨーロッパ - 2位
  • 2013 EVL's Prague Pro - 1位
  • 2014年ミスターオリンピア 第2位
  • 2016年 アーノルドクラシック 第1位
  • 2016年アーノルドクラシックオーストラリア - 1位
  • 2016年アーノルドクラシックブラジル大会 第1位

ドキュメンタリー

カイグリーンの出演映画の画像

カイグリーンの生い立ち

幼少期から少年時代

カイグリーンの幼少期の画像

ニューヨーク州ブルックリンで生まれ育ったカイは、6歳の時に孤児となり、10年以上にわたり児童養護施設で育てられました。

6歳で孤児となり、10年以上も里親の家で育てられたカイは、家庭内で居場所を見つけるのに苦労し、少年時代は疎外感に感じていました。

寂しさを補うように、彼は学校と里親の家の両方から追い出されるほど、非行を続けました。

しかし、カイが幼少期に持ち続けていた良いことが一つありました。13歳の時からジムに通い、トレーニングにハマっていきます。

ボディビルへの道へ

カイグリーンのボディビルの画像

優れた遺伝子に恵まれたカイは、自分の体格が他の同年代の人よりもはるかに速いスピードで成長していることに気づきました。

幸いなことに、7年生時の英語教師は、カイがボディビルダーとして成功する可能性に気付いていました。

カイの不幸な状況を知っていた先生は、カイにボディビルを紹介し、10代のボディビル大会に出場するように勧めました。

これが彼の人生を好転させるために必要なモチベーションとなりました。

ティーンチャンピオンへ

カイグリーン、10代でチャンピョンへ

カイは5年間で、多くの非公式なティーンのボディビル大会に参加しました。カイは、他の同年代の選手よりも体が大きく成長していたため、すべての大会を制覇しました。

カイは、10代の終わりまで成功を続けた。19歳で、彼はナチュラル・ボディビル連盟、1994年にはNGAアメリカンナショナルズでプロカードを獲得しました。

カイの心は、ボディビル界のアイコンになるような選手を目指していました。

1996年に開催されたWNBFプロナチュラルワールドでトロフィーを獲得したカイは、NPC連盟に参戦することを決意しました。しかし、彼はNPCにはもっと大きな選手がいることを知っていたので、すぐにステップアップしました。

カイは翌年、さらに体格を向上させることに集中しました。

より大きな身体でなって、トップ選手と肩を並べる事を決意しました。

初のNPCコンテスト出場

カイグリーンのNPC出場

22歳という年齢にしては驚異的な体格になっていたカイは、1997年のNPCチームユニバース大会のステージに立ち、高得点を獲得しました。

残念ながら、優勝はならなかったが、カイは初めての大きな大会で僅差の2位に入賞しました。

プロカード取得へ

カイグリーンIFBBプロカード取得

10代のボディビル大会とは違い、NPCコンテストは難しいと感じていました。

大会でのパフォーマンスを発揮することができず、1998年のNPCでは3位、1999年の世界アマチュア選手権では6位となりました。

しかし、カイはスランプ脱出するのにそう時間は掛かりませんでした。同年の終わりまでに、カイはNPCチーム・ユニバース大会で優勝し、新星としての地位を確立しました。

しかし、彼が手に入れたのはそれだけではありませんでした。

トロフィーを手にしただけでなく、24歳でプロカードを取得しました。

プロリーグでの壁

カイグリーンのプロリーグでの壁

カイのプロとしての最初の大会は1999年のスロバキアでの世界選手権でした。初出場で4位という好成績を収めましたが、彼はその結果に満足しませんでした。

IFBBで名を上げようと決意したカイは、次のボディビル大会に出場するのを4年間控えました。世界で最も偉大な体格を作りたいと思いながら、ハードなトレーニングに明け暮れました。

Back to ステージ

カイグリーンがステージに戻る。

5年間スポットライトから遠ざかっていたカイは、2005年のニューヨーク・プロでステージに戻ってきました。しかし、カイのカムバックは成功したとは言えず、14位に終わってしまいました。

それからの2年間、カイは苦戦を強いられ、4つの大会に出場し、トップ3に入ったのは一度だけでした。しかし、彼は自分の名を上げようと決意し、体格を改善するために厳しい努力をしました。

最終的にカイはその努力が報われ、2007年末には敗北から立ち直り、成功を収めました。

32歳で、カイは最終的に初のプロのボディビル大会 - 2007年ショーン レイ コロラド プロ/アマ クラシックを獲得しました。しかし、彼の挑戦はまだ始まったばかりでした。

アーノルドクラシックでの勝利

カイグリーンのアーノルドクラッシクでの画像

それからの4年間で、カイはさらに9つの大会に出場し、6つのトロフィーを獲得しました。この間、2009年にはアーノルドクラシックで優勝し、これまでで最大の勝利を収めました。

カイはアーノルド・シュワルツェネッガー本人からトロフィーを手渡されました。この成功とともに、彼はまたミスターオリンピア大会に出場する資格を手に入れました。

ミスターオリンピア

カイグリーンのミスターオリンピアでの画像

34歳のカイは、2009年に初めてミスターオリンピア大会に出場しました。

残念ながらトロフィーを手に入れることはできませんでしたが、熾烈な競争の中で4位に入賞しました。ライバルにはフィル・ヒース、ブランチ・ウォーレン、ジェイ・カトラーが含まれていました。

それからの5年間で、プレデターはミスターオリンピアのステージにさらに5回登場しました。彼は常にパフォーマンスを向上させ、3度2位になりました。

しかし、この間、カイはトロフィーを獲得することができませんでした。そして彼は2016年のミスター・オリンピアに出場しないことを選びました。

さらなる成功

カイグリーンのブランド

2010年から2016年の間に、カイはアーノルドクラシックでの4回の勝利を含む7つの大会で1位になりました。この成功により、世界で最も偉大なボディビルダーの一人としての地位を確固たるものにしました。

フィットネス業界で広く認知されるようになった後、カイは自分の「個性」を築き始めました。カイの髪型、体格、ステージ外でのパフォーマンスは象徴的なものとなりました。彼は世界中のファンから「ザ・プレデター」というニックネームとして知られるようになりました。

アーティストとして

カイグリーンの絵画

子供の頃からボディビルが悩みの種だったカイ。しかし、2011年、彼は自分を表現する別の方法を見つけました。

カイは、大きなキャンバスに描かれた絵画のコレクションを作り始め、同年に初のアートショーを開催しました。これはフィットネス界にとっては驚きの出来事でしたが、カイは常にボディビルはアートの1つの形であると信じていました。

彼は下記のように語っています。

プロのボディビルダーである私は、彫刻家としての腕前を持っています。プロのボディビルダーとして、私は彫刻の達人でもあります。私は、人間の体格をキャンパスとしています。

私の人生は、私がキャンバスや舞台で制作した芸術と同じように、私の人生は私が作るものなのです。今回のアートショーは、そのことを表現しています。

パフォーマンスアーティストとして

カイグリーンのパフォーマンス、コスプレ

カイはアートとの強い結びつきを見つけ、単にキャンバスに絵を描くのではなく、自分自身を表現する別の方法を探していました。

彼は様々な形のアートを試し始めました。カイは、マスクやコスチュームを着てポーズをとることで有名になり、アメリカ中のファンを魅了しました。

カイのパフォーマンスアートは多くのファンを魅了しました。その結果、彼は「ゲストポーズ」として、数々のボディビル大会に出演することになりました。

これらのゲスト出演の際、カイは珍しい衣装を身にまとい、ポージングと衣装の組み合わせで独自のスタイルのアートを形成しています。

ドキュメンタリー映画に出演

カイグリーンの主演映画

2009年には、その年のミスターオリンピアに向けて準備をしていたカイにドキュメンタリー映画への出演の打診がありました。これが初めての映画出演でしたが、カイが注目されるようになったのはジェネレーション・アイアンでした

ジェネレーション・アイアンは、ドキュメンタリー映画『Pumping Iron』の真の続編と言われています。公開から3週連続で1位をキープするなど、2013年最大のドキュメンタリー作品となりました。 

実業家しての顔

カイグリーンの実業家しての顔

2015年までに、カイはボディビルでの実績とアーティスト活動によって人気の増加を肌で感じていました。彼は、カイ自身のサプリメント会社を立ち上げることによって、新たな発見をします。

彼の会社はすぐに業界で有名なブランドになりました。製品のレパートリーは、プロテインやプレワークアウトに及びます。

カイグリーンのトレーニングについて

カイグリーンのウェイトトレーニング

ウォームアップ

カイはウォーミングアップの重要性を理解しており、15~20分のストレッチと腹筋のトレーニングに費やしています。

トレーニングのポイント

カイグリーンのトレーニングのポイント

カイは1日に1つの筋群を鍛え、自分の体がこのルーチ ンに一番反応が良いと考えています。また低いレップ数で重いウェイトを持ち上げることはしません。

カイは「心と筋肉のつながり」を改善することに焦点を当てており、より軽いウェイトをより高いレップで持ち上げることを好んで取り入れています。彼は1つの種目につき3~4セット、8~20レップの間で行っています。

カイグリーンのトレーニング内容

大胸筋

  • アームプルオーバー - 20、15、12レップスで3セット
  • デクラインベンチプレス - 20, 15, 12レップスで3セット
  • フラットベンチプレス - 20,15,12レップスで3セット
  • インクラインまたはフラットダンベルフライ - 20,15,12レップで3セット

上腕二頭筋

  • コンセントレーションカール - 10~12レップで4セット
  • ダンベルカール - 4セット、8~10レップ
  • プリーチャーカール - 4セット、8~10レップス
  • リバースカール - 4セット、8~10レップス
  • ストレートバーを使った上腕二頭筋カール(スタンディング) - 4セット、8~10レップス

上腕三頭筋

  • ダンベルキックバック - 20,15,12レップで3セット
  • オーバーヘッドダンベルトライセプス - 20,15,12レップスで3セット
  • スタンディングトライセプスエクステンション - 20,15,12レップスで3セット
  • トライセプスケーブルプレスダウン - 20,15,12レップスで3セット

大腿

  • レッグエクステンション - 15~20レップで3セット
  • スクワット - 12~15レップスで3セット
  • スタンディングカーフレイズ - 20レップで4セット
  • レッグプレス - 3セット、12~15レップス
  • ハックスクワット - 12~15レップスで3セット

広背筋

  • バーベル・プルアップス - 10レップで3セット
  • ラット・プルダウン - 3セット、12レップス
  • ワンアームダンベルローズ - 12~15レップスで3セット
  • シーテッド・ケーブル・ロー - 3セット、10レップ
  • Tバーロー - 3セット、12~15レップス

  • アーノルドプレス - 3セット、12~15レップス
  • ビハインド・ザ・ネック・プレス - 12~15レップスで3セット
  • ダンベルシュラグ - 12~15レップで3セット
  • ミリタリープレス - 12~15レップスで3セット
  • ラテラルレイズ - 12~15レップで3セット
  • アップライトロー - 3セット、12~15レップス

カイグリーンの食事について

カイグリーンの食事

カイは、筋肉を最大限に成長させるために、体重1kgあたり1.5gのタンパク質を摂取することを目標としています。彼は、赤身のタンパク質、複合炭水化物、ヘルシーな脂肪を中心に食事を構成しています。

彼が増量しているときは、カイは少し大めに1日5食を食べています。しかし、彼のコンテスト前の準備中には、小分けして1日7食まで食べています。

バックアップダイエットの食事内容

カイの「増量」ダイエット計画の一例を紹介します。

  • パン2枚、卵白4個、ネギ2個、チェダーチーズ1/4個
  • バニラプロテインパウダー2スクープ、アーモンド1オンス、バニラアーモンド/ココナッツミルク1カップ、ブルーベリー1カップ、水1カップ
  • ステーキ6オンス、キュウリ1/2本、オリーブオイル小さじ1、熟したトマト1個
  • 骨なし鶏胸肉6オンス、くるみ2個、クレソン2個、キヌア1/3カップ
  • ツナステーキ5枚(タラ7オンス)、中サイズの山芋2本、バター大さじ1、パルメザンチーズ大さじ2、アスパラガス4本

大会前のダイエット食事メニュー

カイの大会前の食事メニューは、下記のようになります。

  • 16オンスのステーキ、12個の卵白、白米
  • 白米1合、鶏胸肉2枚、ターキーバーガー
  • サーモン16オンス、グリーンサラダ大、卵白6個
  • さつまいも2個、16オンスステーキ
  • オートミール2カップ(レーズン入り)、サーモン16オンス、コーン1カップ
  • プロテインシェイク、アボカドまたはカップ1杯のカシューナッツ
  • ミックス野菜2カップ、ステーキ16オンス

カイグリーンの恩師について

カイがボディビルを始めたのは7年生の英語の先生の助言です。カイは、人生に大きな影響を与えた人物として彼の名前を挙げています。そしてこれがカイの人生の大きな転機となり、退屈だった青年期からの脱却を果たしたのです。

指原莉乃さんもカイグリーンの名前を出し話題に

指原莉乃さんが2019年11月26日に自身のツイッターアカウントで「カイグリーンをなる」と宣言し話題になりました。

指原莉乃さんがツイッターでカイグリーンになる事を宣言。

指原莉乃さんのスタイルがカイグリーンから似てる事から、ジムトレーナーから「カイグリーンじゃないですか!」と言われた事がきっかけだそうです。

影響力の強い指原さんのツイートのおかげで、すぐにカイグリーン本人の耳に届きリツートされました。

カイグリーンが指原莉乃さんのツイートをリツイート

カイグリーンのリツートより

カイグリーンのステロイドの使用について

下記のサイトでカイグリーンのステロイドについての見解が語られています。

Kai Greene Explained the Role of Steroids in the Sport

ほとんどのボディビルダーがステロイドの使用について話題を避けるがカイグリーンは公然と議論しています。

カイグリーンはステロイドを使用では決してチャンピョンにはなれないと確信しています。

またカイは、勝つためにはステロイドや類似の薬物を服用することが必須ではない考えています。しかし、安全で効果的であれば、スポーツマンは、誰もが目標に到達するための個人の計画を選択する権利があると考えています。

カイグリーンのウェアについて

カイグリーンとRYDER WEAR

カイグリーンのウェアといえば、「RYDER WEAR」です。RYDER WEARがオーストラリア発のブランドでカイグリーンとのコラボ・シューズを販売しております。

こちらで購入頂けます。

RYDER WEAR KAI GREENE SIGNATURE D-MAK RED

RYDER WEAR KAI GREENE SIGNATURE D-MAK BLACK

ボディビルダー
カイグリーンの筋トレや食事についてのまとめ。指原莉乃さんも話題に!

カイグリーンの筋トレや食事についてのまとめ。指原莉乃さんも話題に!

ボディビルダーJustFit管理人